アクセスマップ
< 福岡市・産婦人科・出産・母乳育児・産後ケア・子宮がん検診 >
〒813-0044 福岡市東区千早6-6-16 ⁄ tel 092-681-0175 ⁄ fax 092-662-2230
診療日 月曜~土曜日(土曜は午前のみ診療)
受付時間 (午前)8:30~11:30 (午後)13:00~16:30
面会時間 13:00~20:30 お問い合わせ ⁄ info@sanada-cl.com
TOP > クリニック紹介 > 当院取り組み/学術活動

スタッフスキル育成


【新生児蘇生】

出生直後の赤ちゃんを仮死状態から救う蘇生法を学ぶため、
当院では医師、助産師、看護のスタッフが
新生児蘇生プログラム(NCPR )を受講して、
アメリカ小児科学会/アメリカ心臓学会による
新生児心肺蘇生ガイドラインに基づいた最新の蘇生技術の
訓練を受けています。

【医療メディエーター】

医療メディエーターとは、患者様と医療機関の間で問題が発生した
際に、中立的な立場で両者の問題を解決へ導くお手伝いをする役割を
果たすものです。当院では患者様との信頼関係がより質の高い医療の
提供に繋がるという考えのもと、医療従事者は患者様の立場で医療を
行うこと。患者様には医療の内容を正確に知っていただくこと。
このようなコミュニケーションが患者様とよりよい信頼関係を築く基礎
であると考え、患者様との信頼関係の構築に力を注いでおります。
安心・安全な医療技術だけではなく患者様の心にも目を向け、
寄り添う温かい医療であることを心がけております。

<日本医療メディエーター協会認証講習会受講スタッフ>

○理事長:平川俊夫  (平成23 年度 医療メディエーター協会九州支部コンフリクト・マネジメント・セミナー基礎編 終了)

○総師長:島ノ江栄子 (平成24年度 九州大学病院開催 医療メディエーター養成講座 導入・基礎編終了)

○助産師長:酒井康子 (平成24年度 福岡市医師会主催 医療メディエーター養成講座 導入・基礎編終了)

○看護師長:吉村紀子 (平成24年度 福岡市医師会主催 医療メディエーター養成講座 導入・基礎編終了)

○助産師:松岡ちずよ (平成24年度 福岡市医師会主催 医療メディエーター養成講座 導入・基礎編終了)

○看護師:前野智美  (平成26年度 福岡市医師会主催 医療メディエーター養成講座 導入・基礎編終了)

○看護師:平木貴子  (平成26年度 福岡市医師会主催 医療メディエーター養成講座 導入・基礎編終了)

研究・学会発表


【学術活動報告】

私どもはより良い医療を創り上げるために学術活動に取り組んでおります。
そして、公の場で発表することにより当院より情報を発信する事を心がけております。
今までの業績の中から抜粋してご紹介いたしますので、是非ご覧ください。

※このページのPDFファイルをご覧になる為にはAdobe® Reader®が必要です。
  Adobe® Reader®をお持ちでない方は右記バナーをクリックしてダウンロード(無償)して下さい。


産後健診におけるメンタルヘルスケアの重要性

平成29年7月2日(日)に福岡大学 メディカルホールで開催された「第26回福岡母性衛生学会 学術集会」にて当院の白石助産師が『産後健診におけるメンタルヘルスケアの重要性-2週間健診及び1か月健診にエジンバラ産後うつ病質問票と赤ちゃんへの気持ち質問票を導入して-』を発表しました。


褥婦が産後ヘルパー派遣事業に求めるもの

平成29年7月2日(日)に福岡大学 メディカルホールで開催された「第26回福岡母性衛生学会 学術集会」にて当院の毛利助産師が『褥婦が産後ヘルパー派遣事業に求めるもの-1か月健診時アンケート調査より-』を発表しました。


妊婦健康診査の血圧変動性と妊娠高血圧症候群の関連 過去5年間のカルテ調査

福岡大学医学部心臓・血管内科学による「妊娠健康診査の血圧変動性と妊娠高血圧症候群関連 過去5年間のカルテ調査」の研究に協力します。平成23年10月1日から平成28年9月30日までの期間のカルテから必要なデータを収集させていただきます。本研究は福岡大学医学部臨床研究審査委員会の承認を得ています。


「子育て支援アンケート票」分析からみるハイリスク妊産婦抽出の有用性

平成28年7月3日(日)に北九州国際会議場で開催された「第25回福岡母性衛生学会」にて当院の徳永助産師が『「子育て支援アンケート票」分析からみるハイリスク妊産婦抽出の有用性』を発表しました。


「産科・内科連携手帳」を用いたGDM管理の試み

平成28年5月19日(木)~21日(土)に国立京都国際会館で開催された第59回 日本糖尿病学会年次学術集会にて岡田内科クリニックの林裕子管理栄養士が『「産科・内科連携手帳」を用いたGDM管理の試み』をポスター発表しました。当院の平川俊夫理事長、万紀子院長が共同研究者として参加しました。


母子保健支援連絡票にみる臨床助産師の継続支援と連携に関する認識

平成27年11月6日(金)~7日(土)に富山県民会館で開催された第46回 日本看護学会-ヘルスプロモーション-学術集会にて当院の鄭助産師が「母子保健支援連絡票にみる臨床助産師の継続支援と連携に関する認識」をポスター発表しました。共同研究者:福岡女学院看護大学看護学部の福澤教授


母子保健支援結果連絡票にみる臨床助産師の継続支援と連携に関する認識

平成27年11月6日(金)~7日(土)に富山県民会館で開催された第46回 日本看護学会-ヘルスプロモーション-学術集会にて福岡女学院看護大学看護学部の福澤教授が「母子保健支援結果連絡票にみる臨床助産師の継続支援と連携に関する認識」をポスター発表しました。当院の鄭助産師が共同研究者として参加しました。


母子保健支援連絡票提出後の行政支援に対する妊産婦の受けとめ方

平成27年7月20日(月)~22日(水)にパシフィコ横浜で開催された第11回ICMアジア太平洋地域会議・助産学術集会にて福岡女学院看護大学看護学部の福澤雪子教授が「母子保健支援連絡票提出後の行政支援に対する妊産婦の受けとめ方」をポスター発表しました。当院スタッフも共同演者として参加いたしました。


産後ケアセンター開設後の現状と課題

平成27年7月4日に久留米大学筑水会館で開催された「第24回福岡母性衛生学会」にて当院の中尾助産師が『産後ケアセンター開設後の現状と課題』を発表しました。(福岡母性衛生学会会報 25:16,2015)


当院における「安心母と子の委員会」活動の現状と課題

平成27年7月4日に久留米大学筑水会館で開催された「第24回福岡母性衛生学会」にて当院の松岡助産師が『当院における「安心母と子の委員会」活動の現状と課題』を発表しました。(福岡母性衛生学会会報 25:13,2015)


褥婦が産後ケア施設に求めるもの ―1か月健診時アンケート調査より―

平成26年8月2日・3日崇城大学ホール熊本市民会館で開催された「第23回母乳育児シンポジウム」にて当院の松浦助産師が「褥婦が産後ケア施設に求めるもの ―1か月健診時アンケート調査より―」を発表しました。


母子保健支援連絡票提出後の行政支援と妊産婦の満足度

平成26年7月6日に九州大学で開催された「第23回福岡母性衛生学会学術集会」にて当院の森﨑助産師が「母子保健支援連絡票提出後の行政支援と妊産婦の満足度」を発表いたしました。


産科一次施設における胎児超音波スクリーニング検査の現状

平成25年7月7日に福岡大学病院 福大メディカルホールにて開催された「第22回福岡母性衛生学会」にて当院の小田臨床検査技師が「産科一次施設における胎児超音波スクリーニング検査の現状;臨床検査技師の視点から」を発表いたしました。


満期新生児における出生1・2日目の経皮酸素飽和度スクリーニングの意義

平成24年11月16日(金)にアクロス福岡で開催された「第53回日本母性衛生学会総会・学術集会」にて当院の古井容子助産師が「満期新生児における出生1・2 日目の経皮酸素飽和度スクリーニングの意義」と題し、ポスター発表を行いました。


産科におけるミルク及び母乳アレルギーの現状と対応

平成23年7月3日に北九州国際会議場で開催された「第21回福岡母性衛生学会」 にて当院の陶山美佳助産師が「産科におけるミルク及び母乳アレルギーの現状と対応 ~症例検討とアンケート調査から~」を発表いたしました。


出産後の母親に対する24時間電話相談の利用状況と課題

平成22年7月29日-30日につくば国際会議場で開催された「第41回日本看護学会学術集会」にて、当院の野口あけみ助産師が 「出産後の母親に対する24時間電話相談の利用状況と課題」を発表いたしました。


おっぱい教室開催の現状と今後の課題

平成22年7月4日に久留米大学で開催された「第20回福岡母性衛生学会」にて、当院の久保助産師が「おっぱい教室開催の現状と今後の課題」を発表いたしました。


今、あらためて妊婦健診を考える!―妊婦検診と助産師外来―

平成21年7月5日に九州大学で開催された「第19回福岡母性衛生学会学術集会」にて 理事長(当時副院長)による『シンポジウム:今、あらためて妊婦健診を考える!- 妊婦健診と助産師外来-』を発表しました。


当院のおっぱいホットライン利用の現状調査報告

平成21年7月5日に九州大学で開催された「第19回福岡母性衛生学会学術集会」にて 野口助産師による『当院のおっぱいホットライン 利用の現状調査報告』を発表しました。


当院におけるベビーマッサージの現状と必要性

平成20年6月29日に九州大学で開催された「第18回福岡母性衛生学会」にて、当院の永江里美助産師が「当院におけるベビーマッサージの現状と必要性」を発表いたしました。


当院におけるカンガルーケアの現状と今後の課題

平成19年6月24日に福岡大学にて開催された「第17回福岡母性衛生学会学術集会」において、当院の鄭香苗助産師がカンガルーケアへの取り組みの現状とその効果について報告をいたしました。


産後の母親に対する継続ケアの取り組み

福岡母性衛生学会学術集会において、当院にて取り組んでいる産後の心身両面からのケアと種々のアプローチ方法により行う退院後のケアに関して報告を致しました。


産後の母親の精神状態に関する一考察

平成16年6月27日に九州大学で開催された「福岡母性衛生学会学術集会」において、核家族で育ち、身近に乳幼児と接する経験が少なく、身内・周囲に子育てを学ぶ事が難しい現在の出産世代に関しての産褥早期~1ヶ月以内のケアに関して当院の酒井康子助産師が報告を致しました。


産褥早期の母親の心理・社会的側面の一考察

平成15年6月29日に九州大学で開催された「福岡母性衛生学会学術集会」において、当院にて取り組んでいる産後の心身両面からのケアと種々のアプローチ方法により行う退院後のケアに関して当院の内川加代子助産師が報告を致しました。


術後の瘢痕・不眠症について

医学書院より発行されている「産婦人科外来ベストナビゲーション-ここが聞きたい105例の対処と処方」より2つの資料をご覧下さい。
肥厚性瘢痕について
不眠症について


【研究協力】
初代培養絨毛性細胞性栄養膜細胞及び不死化栄養膜細胞株HTR-8/SVneoにおけるヒト栄養膜SP細胞の単離及び解析

平成19年~平成23年に行われた九州大学大学院医学系学府生殖病態生理学講座髙尾知佳先生(現:京都大学医学研究科特定研究員)による「初代培養絨毛性細胞性栄養膜細胞及び不死化栄養膜細胞株HTR-8/SVneoにおけるヒト栄養膜SP細胞の単離及び解析」の研究に当院が協力しました。


毛髪ミネラルとアトピー性皮膚炎との因果関係調査

平成17年11月~平成18年11月にかけて行われた三重大学大学院医学系研究科山田知美助教(現:大阪大学大学院医学系研究科臨床統計疫学寄附講座・准教授)による「毛髪ミネラルとアトピー性皮膚炎との因果関係調査」に当院が協力しました。


子どもが誕生後1年間における父母の家族関係と精神衛生に関する調査

平成22年~平成24年にかけて行われた長崎県立大学シーボルト校看護栄養学部看護学科藤野裕子教授(旧姓:山川)(現:沖縄県立看護大学教授)による「子どもが誕生後1年間における父母の家族関係と精神衛生に関するアンケート調査」に当院が協力いたしました。


産後の母親のストレスと対処及び赤ちゃんへの気持ちに関するアンケート結果

平成17年~平成19年にかけて行われた産業医科大学産業保健学部福澤雪子講師(現・福岡女学院看護大学教授)による「初産の母親の育児におけるストレス対処と対児愛着感情の形成に関する基礎的調査」のアンケートに当院が協力しました。


【エコチル調査】
<エコチル調査とは>

「エコチル」とは「エコロジー」と「チルドレン」の意味で、環境中に存在する何十万もの化学物質が赤ちゃんや子どもたちの健康に
どのような影響を及ぼしているか。アトピー性皮膚炎や小児ぜんそくなどと関係があるのかどうか。それを大規模に追跡調査するのが
環境省の「エコチル調査」です。

妊娠初期から両親に参加してもらい、両親の血液、出産時のさい帯血、赤ちゃんの血液、毛髪などを調査、その後赤ちゃんが13歳になるまで
定期的に調査票に回答してもらいます。

<当院の取り組み>

福岡を含む全国15地域が調査対象に指定され、福岡では産業医科大が北九州八幡東区、九州大学が福岡市東区の在住者を対象に
調査を実施。当院は「九州大学サブユニットセンター」の協力機関として、2011年1月から受診される妊婦さんに協力を依頼。
同年8月より採血をはじめ、赤やんの1ヵ月検診までを担当しています。
また、当院ではエコチル室を設置し、リサーチコーディネーター(RC)2名が常駐し病院スタッフと緊密に連携を取りながら調査を進めています。


【表彰・感謝状】

石原伸晃環境大臣より感謝状をいただきました

平成23年1月より約3年間続いた「子どもの健康と環境に関する全国調査(エコチル調査)」の
リクルートが平成26年3月に無事終了し、石原伸晃環境大臣より感謝状をいただきました。
エコチル調査は全国15ユニットで10万人以上に及ぶ方々が参加登録されましたが、
当院は九州大学担当地区の協力機関として1817人の妊婦さん(母)と528人のご主人(父)に
参加していただきました。これは九州大学担当地区全体の約40%を占めるもので、
多くの方々にご協力いただきましたことに御礼申し上げます。
今後はお子様方が13歳になるまで経過観察し、健康への影響について詳しい調査が続けられます。

平成26年度 母子保健功労者県知事表彰

「健やか親子フォーラム(福岡県母子保健大会)」で、万紀子院長が
母子保健功労者県知事表彰を受彰いたしました。
母子健康についての正しい知識の普及と県民の関心を高めるために毎年開催されている
本フォーラムですが、今年は11月13日にピーポート甘木にて開催されました。
フォーラムのテーマは「子どもは未来の財産。いてくれてありがとう。」。
講演やミニコンサートが演奏される中での表彰となりました。

おぎゃー献金基金より感謝状をいただきました

平成27年3月23日に行われた第80回福岡県産婦人科医会定例代議員会において、おぎゃー献金感謝状の贈呈式があり、当院が感謝状をいただきました。
おぎゃー献金は公益財団法人おぎゃー献金基金によって運営されており、こころと身体に障害を持つ子どもたちに思いやりの手をさしのべる愛の運動です。献金は心身障がい児のための施設や心身障がいの予防・療育に関する研究への助成に使われます。
平成26年中の当院からの献金額は151,101円でした。ご協力いただいた皆様の暖かいおこころざしに心より御礼申し上げます。
おぎゃー献金基金

福岡市医師会より表彰状をいただきました

昨年、万紀子院長が福岡県知事表彰を受賞したことを得て、福岡市医師会より表彰状をいただきました。
今後も当院は、お母さんと赤ちゃんが健やかに過ごすサポートが出来るよう、努力して参りたいと思います。