産科
産科産科
  • 産科診療
  • 出産・入院
  • 退院後の
    サポート

妊娠中は通常の健診のほか、妊産婦の方の健康管理を行います。産前は、独自の母親学級を開催し、出産時の具体的なアドバイスを行います。 退院されてからも、助産師による電話訪問(お電話で様子をうかがいます)や2週間健診・1か月健診を実施し、お母さんや赤ちゃんと密にコンタクトをとっています。

妊娠かな?と思ったら
妊娠検査

妊娠していることがはっきり分かるのは、妊娠5~6週目です。
妊娠したかな?と思ったら、まずは受診をしてみましょう。 エコー検査や尿検査で妊娠の確認を行います。正常妊娠の場合は、超音波検査などで妊娠の有無や状態を確認します。

妊婦健診

妊婦健診は、妊婦さんと赤ちゃんの健康の状態を知るために必要な大切な健診です。
基本健診(問診および診察、血圧、体重、検尿、児心音聴取、保健指導等)に加えて超音波による胎児計測を毎回行い、胎児の発育状態をチェックします。 さらに、時期を定めて(通常2回)赤ちゃんに重大な異常がないかを調べる胎児超音波スクリーニング検査を行っています。4Dエコー動画の録画(有料)をご希望の方は受付までお声掛けください。

マタニティカレンダー

出産予定日がわかったら、当院オリジナルのマタニティカレンダーをお渡しします。
日付と週数に合わせ、健診の目安が一目でわかるカレンダーです。

助産師妊婦健診
妊娠24週以降の妊婦さんを対象に助産師による妊婦健診を行っています。内容は主に”妊娠中の生活”や”これから迎える出産や育児”についてのお話が中心の健診です。助産師にちょっとした心配事などを相談することで、さらに安心して出産・育児を迎えられるようサポートいたします。
※「助産師妊婦健診」は医師の健診と同様、助成券を利用します。
photo
スクリーニング検査

妊娠24週頃、30週頃、エコー室で胎児超音波検査(胎児超音波スクリーニング検査)を行います。時間をかけて主に赤ちゃんの頭部(顔面を含む)・胸部(心臓を含む)・腹部・胎盤・臍帯を観察します。出生前または出生後から専門的な管理を必要とするような重大な異常がないかを調べます。 photo

心理士面談

認定心理師による”こころの相談”を行っております。心理士の在中は不定期ですのでスタッフにご確認ください。

染色体異常の検査

ダウン症を代表とする胎児の染色体異常の検査には、血液検査によるスクリーニング(クアトロテスト)と羊水検査による確定診断があります。 いずれも妊娠15週頃に行います。当院では、採血検査を行っております。羊水検査をご希望になる場合には、専門のクリニックにご紹介いたします。
なお、新型出生前診断については専門の施設をご紹介いたします。

分娩予約
原則、妊娠20週までに入院申込書兼誓約書と分娩予約金をそえて受付にご提出ください。
分娩予約金に関してはこちらをご確認ください。
里帰り出産

里帰りの場合も予め受付で分娩予約の手続きを妊娠20週までにお願いいたします。
ご家族など代理の方でも結構です。
ご予約時に受付にて下記をお伺いしております。
1.妊婦氏名 2.住所 3.生年月日 4.分娩予定日 5.初産・経産の別 6.実家の住所と電話番号

初回の妊婦健診は、お電話にてご予約をお取りください。
なるべく早めの里帰りをお勧めしておりますが、分娩予約が済んでいる場合、遅くとも妊娠34週までには 当院を受診していただくようお願いいたします。可能であれば20~24週頃に一度ご来院していただき、 妊婦健診と胎児超音波スクリーニング検査を受けましょう。受診の際は、必ず前医からの紹介状と母子健康手帳をご持参ください。 また、前医で産科医療補償制度に登録済みの方は登録証の控えをお持ちください。
真田オリジナル手帳
【マリィNOTE】
妊娠中のお母さんと赤ちゃんの変化について、分娩経過、入院生活のスケジュール、母乳育児、赤ちゃんのこと、産後の過ごし方、産後ケアについて記している当院オリジナルの手帳です。
【サポーター手帳】
妊娠中のお母さんをサポートする方たちへのサポート内容について記している当院オリジナルの手帳です。
真田オリジナル手帳
連携高次施設
九州大学病院をはじめ福岡市内の高次施設と連携して迅速に対処しています。
公費・助成金など
出産育児一時金等の
医療機関等への直接支払制度

妊婦の方がご加入されている医療保険者に、直接当院が代わって出産育児一時金(給付額42万円)を請求する制度です。

産科医療補償制度

当院は産科医療補償制度加入施設です。この制度は、分娩に関連して発症した”重度脳性麻痺”の赤ちゃんが速やかに補償を受けられる補償制度で、個人加入はできません。医療機関単位の加入のため、当院で出産される方は全員加入となります。詳しくは、妊娠20週台の助産師妊婦健診時にご案内しております。

高額医療費の限度額適用認定証

帝王切開で出産される方は事前に認定証の発行で手続きを行い、当院へ入院の際にご提出いただくことにより、自己負担額を超える分をご加入の健康保険組合または国保より直接病院へ振り込んでもらうことができます。申請はご加入の各健康保険にてお願いいたします。